お気に入りの下着が逆効果になってしまった

バストトップの黒ずみを、自分では気にしないでいたら、彼氏に指摘されて、ショックを受けました!!

30歳を過ぎたころから、バストトップの色が、くすんできているかな、と気づきました。

しかし、人と比較することもできないし、友達に相談することもできず、よくわからないので、気にしないでいました。

そんなある日、お付き合いを始めたばかりの彼氏と出かけて、かわいい下着を見つけて、買ってもらいました。

淡いオレンジ色のキャミソールでした。

手触りの良い、透け感のあるさらさらとしたシフォン生地の、ひざ上くらいまでの長さのあるドレッシーな海外製のキャミソールでした。

バストのところが、白い総レースで、バストの下からは、淡いオレンジ色のシフォン生地が、ストンとつながっていて、美しいデザインでした。

私も彼氏も、そのデザインがとても気に入りました。

それを着ると、ゴージャスな気分になりました。そして、次のデートの時に、インナーに着ていきました。

デートで、お泊りをして、私がキャミソール姿になったときに、それを見た彼氏は少し驚いて「乳首が黒い」と言いました。

その、白いレースごしにうつった私のバストトップが、黒く見えたのです。

確かに、キャミソールの白いレースの隙間から見えるバストトップは、普段よりも黒ずんで見えました。

私は、そんなことを言った彼氏に、その時は怒りましたが、あとから、事実だし、無理もないなと思いました。

そんなことがあったからといって、彼氏との関係には何も悪影響はありませんでしたが、私は、自分のバストトップが黒ずんでいるのを自覚して、ショックでした。

せっかく気に入って買ってもらったキャミソールは、それ以降、デートの時には着ないようになりました。

とても残念な気分になった出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください